Excel VBA – CSVファイルをxlsxファイルに変換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSVファイルをxlsxファイルに変換するサンプルコードです。

CSVファイルをエクセルで開いて、
xlsxファイルで保存するだけの簡単なマクロです。
変換前のCSVファイルを削除するようにしています。

Sub main()

    Dim targetBook As Workbook
    
    'csvファイルをエクセルで開く
    Set targetBook = Workbooks.Open("C:\temp\aaa.csv")
    
    'xlsx形式で保存
    targetBook.SaveAs Filename:="C:\temp\aaa.xlsx", _
        FileFormat:=xlOpenXMLWorkbook
    targetBook.Close
    
    'CSVファイルの削除
    Kill "C:\temp\02_解凍後\aaa.csv"

End Sub

─────────────── ★
中小企業診断士 かとう
専門は、IT活用による業務改善です。
★───────────────

お勧め:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Excel VBA – 最終行の取得 その2
  2. Excel VBA – 必見!プログラム関数の探し方のコツ
  3. Excel VBA – VBAでHashMapを実現…
  4. Excel VBA – ブックを開く・閉じる(ope…
  5. Excel VBA – 最終行の取得 その1
  6. Excel VBA – 必見!関数の引数をコンパクト…
  7. Excel VBA – パスワード付きZIPファイル…
  8. Excel VBA – 2010 2013 マクロの…
PAGE TOP