Excel VBA – 2010 2013 マクロの記録ボタンの場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

今までExcel2003でバリバリとマクロ開発した開発者がいたとします。
ようやく最新Excelのリボンインターフェースにも慣れ、
新しいエクセルもなかなか良いじゃん!って思ってきた頃の話。

さて、マクロの記録を活用して仕事の効率化を図ろうか
と思った矢先。

「マクロの記録はどこだ!」

ってなる経験があると思います。
(僕は今でもたまにそうなりますw)

結論から言うと「開発」タブにあります。
下の画像の場所です。

150701-2

ただ、デフォルトだと以下の画像の通りで
「開発」タブが無いんですよ。

150701-1

開発タブの表示方法

1 「ファイル」→「オプション」を選択

150701-3

 

2 「リボンのユーザー設定」→「開発」にチェック

150701-4

以上で、開発タブが表示されます

最後に

これで、マクロの記録が可能です。

150701-2

─────────────── ★
中小企業診断士 かとう
専門は、IT活用による業務改善です。
★───────────────

お勧め:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Excel VBA – 必見!関数の引数をコンパクト…
  2. Excel VBA – パスワード付きZIPファイル…
  3. Excel VBA – 最終行の取得 その2
  4. Excel VBA – ブックを開く・閉じる(ope…
  5. Excel VBA – 最終行の取得 その1
  6. Excel VBA – CSVファイルをxlsxファ…
  7. Excel VBA – 必見!プログラム関数の探し方のコツ
  8. Excel VBA – VBAでHashMapを実現…
PAGE TOP