X201sの後継機はCF-NX3にしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

悩んでいたX201sの後継機は
Let’s Note CF-NX3にしました。

理由

1 丁度、程度の良い中古品があった

一ヶ月ほどCF-NXシリーズをネットで物色していました。
稼働時間が少なくて、比較的安い中古品を。
そして見つかったんです。稼働時間40時間の中古品が!
価格は9万円しましたけど。。。

ただLet’s Noteは新品で買うと最低でも14万円はするので
かなり安く購入できました。

稼働時間2000時間位ならば
6万円から選べるのでかなりお手頃だと思います。
稼働時間8000時間とかいうやつも売っているので、
2000時間なんて大したことないです。

さすが、Let’s Note。長持ちします。

2 メモリは最大12Gまで積める

OSは64bitがよかったので、メモリは積めるだけ積めた方が良いと考えました。
デフォルトでは4Gですが、8Gまで追加で積むことができるようで、
合計12Gまで積むことができます。

3 キーボードも妥協できるレベルの品質

ここは妥協しましたが、
キーボードも比較的打ちやすい部類に入ると判断しました。
とはいえ、近くのヤマダで試し打ちしましたけどね。

あとは、自宅などで使う場合は、
外付キーボードを使う事でカバーすることにしました。

さいごに

ちなみに、
私が購入したときはWin7の32bitがインストールされていました。
ただ、ディスク領域からリカバリすることで、
64bitに変更することが可能です。
もちろん逆も可能ですよ。

これにWindows10をインストールして、
とっとと新OSに移行する算段です。
Windows10の発売日が楽しみです。

─────────────── ★
中小企業診断士 かとう
専門は、IT活用による業務改善です。
★───────────────

お勧め:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. CF-NX3のメモリ増設
  2. CF-NX3のWindows10化で発生した不具合
  3. x201sのバッテリー、私は何を選んだか
  4. X201sの買い替えを検討 その2
  5. Lhaplusでコマンドラインからパスワード付き圧縮ファイルを解…
  6. まとめ Windows10の価格と配布の順番をまとめました
  7. CF-NX3をWindows10化 その2
  8. プログラム関数電卓は「fx-5800P」一択
PAGE TOP